手元供養の費用を抑える方法について3つのポイントをお伝えします

金銭的な負担が心配で手元供養を選ぶべきか迷っている時には、費用を減らす方法について学ぶことが重要です。

最初に節約したいのが粉骨にかかる費用で、業者によって粉骨作業にかかる料金が違います。

数千円ほどの差が出る場合もあるので、手元供養の出費を減らしたい時には粉骨をどこの業者に依頼するべきか考えてください。

手元供養で使用する供養台や写真立てなどを、自分たちの手で作ることでもコストは節約できます。

粉骨を終えた後に残った遺骨の供養は、費用が安い業者を選ぶことでも出費を減らしてください。

散骨を自分でやるのも、手元供養のコストを減らす方法の一つです。

ただし散骨は許可されていない地域もあるので、地域ごとの情報を調べておかなければいけません。

関連記事

  1. ミニ骨壷の選び方のポイントについて詳しく紹介します

  2. 手元供養はどうしたらいい?流れについて詳しくご紹介します

  3. 手元供養が叶う!ミニサイズの供養台について詳しくご紹介します

  4. 仏壇の準備はいつから始めたらいい?タイミングについて解説します

  5. ガラス製|ミニ骨壷の素材別のメリット・デメリットをご紹介します

  6. 陶器製|ミニ骨壷の素材別のメリット・デメリットをご紹介します