仏具は何が必要?購入時に役立つチェックリストを大公開します

仏壇と一緒にそろえる仏具は何が必要なのか分からないことも多いかもしれません。

仏具は仏壇を飾り付けるためのもので、そろえる品物はそれぞれの宗派によって異なることがあります。

そのため実際に購入するときにはあらかじめ確認をしておくのがおすすめです。

とはいえ基本となるものの種類は共通していて、五具足と呼ばれています。

五具足の仏具は花立と燭台を2つ、そして香炉が1つです。

配置する際には中央に香炉を置き左右に燭台と花立てを1つずつ配置します。

このような五具足が正式な飾り方となりますが、仏壇が小さい場合には省略をした三具足を用意するのが一般的です。

三具足とは香炉と花立、それに燭台を1つずつそろえたものです。

関連記事

  1. 手元供養ってどんな供養?特徴について詳しく紹介します

  2. 手元供養品が手作りできる!自分で作れるおすすめの3点をご紹介します

  3. 手元供養をするのにかかる費用は?相場についてご紹介します

  4. 遺骨なしでも手元供養はできる!その理由について詳しく解説します

  5. ライフスタイルに合わせた供養台の置き方について詳しく紹介します

  6. 仏具はどう飾ったらいい?飾り方について詳しく紹介します