手元供養が叶う!ミニサイズの供養台について詳しくご紹介します

仏壇を置きたくてもスペースがなくておけない方や、お墓が遠方にありなかなかお墓参りに行けないと言う方に選ばれているのが手元供養のミニサイズの供養台である仏壇です。

ミニサイズの供養代である仏壇は、お部屋のインテリアにも馴染むデザイン性の高さと場所をとらない小ささが人気の理由で、故人に思いを寄せる落ち着いた空間をお部屋の中に作れます。

手元供養の供養台としての仏壇は、亡くなった愛する方を身近に感じたい時や話がしたい時思いを馳せながら祈りを捧げるのに適しているのです。

手元供養のミニサイズの仏壇は、ステージタイプとボックスタイプとフォトフレームタイプの3つに分けられステージタイプは小さな骨ツボが1つ乗るサイズの小型サイズから、写真や仏具を重ねる大きめのタイプまであります。

まだボックスタイプは、扉のないタイプと一般的な仏壇のように扉付きのタイプがありフォトフレームタイプは亡くなった方の思い出の写真を飾るフォトフレームと仏壇が一体型になった新しい形の供養台です。

関連記事

  1. 手元供養にはどのくらいの費用がかかる?相場をご紹介します

  2. 手元供養できる人気のアイテムTOP3をご紹介します

  3. ミニ骨壷にはどんな種類があるの?人気の高い素材TOP3を紹介します

  4. 仏具はどう飾ったらいい?飾り方について詳しく紹介します

  5. 遺骨なしでも手元供養はできる!その理由について詳しく解説します

  6. 手元供養をするメリットとデメリットについて詳しく紹介します