戒名とは?構造や意味について分かりやすく解説します

戒名は、仏教において仏弟子になった証として与えられる名前のことを指しています。

この戒名をつけるいうことは、出家して仏門に入ったことになるのです。

現代では亡くなった後に戒名を付けるのが一般的となりましたが、実は生前につけるものだったのです。

戒名を授けてもらう理由は、迷わずに極楽浄土へ行くためだと考えられています。

ただし、すべての仏教において、戒名を授けるわけではありません。

浄土真宗では法名、日蓮宗では法号を授けられることで、極楽浄土へ行けると考えられているのです。

戒名の決め方には一定のルールが設けられています。

院号や院殿号や道号などといった構造によって戒名が決定されます。

また、各宗派によって特徴もあります。

関連記事

  1. 納骨堂のメリット・デメリットについて詳しくご紹介します

  2. 終活の準備で押さえておくべき3つのポイントをご紹介します

  3. 骨壷のカビ対策!手元供養をするなら知っておくべき手入れ方法を紹介します

  4. 供養台の選び方について押さえておくべき3つのポイントをお伝えします

  5. いつまでも忘れない!ペット供養のグッズTOP3をご紹介します

  6. 命日とは?過ごし方やお供え物について詳しく紹介します