ランクって何?戒名の基準について分かりやすく解説します

戒名には様々なランクがありますが、これはお布施によって決まります。

まず最も一般的なものは、男性の「信士」と女性の「信女」で、50万円以下で付けられる戒名です。

この「信士」や「信女」の次に位の高いものが、「居士」と「大姉」です。

これらは、50万円から80万円のお布施が必要になります。

さらに100万円以上となると、「院号」というランクの戒名を付けることができます。

「~院~居士」などのようになるので、戒名は長くなります。

そして「院号」よりもランクの高い「院殿号」がありますが、かなりの功績を残した人にしか付けることはできず、お布施も500万円から1,000万円です。

「院殿号」を付けられる人はほとんどいませんので、一般的には「院号」が最高ランクといえます。

関連記事

  1. 供養台の選び方について押さえておくべき3つのポイントをお伝えします

  2. エンディングノートのおすすめの書き方をご紹介します

  3. 年忌法要はいつまでするの?必要な準備などを徹底解説します

  4. 納骨堂のメリット・デメリットについて詳しくご紹介します

  5. 法事のマナーの基礎知識!これだけは押さえておきたい3つのポイントとは

  6. 法要と法事の違いとは?時期や種類について詳しく解説します