永代供養の期間はどのくらい?仕組みについて分かりやすく解説します

永代供養は、寺院や宗教法人に企業理念によって個別の供養期間が大きく異なり、個別の供養期間が全くない供養塔などの合葬墓供養もあります。

理想的な期間は、三十三回忌もしくは五十回忌とされており、良心的な寺院や宗教法人では遺族の希望によって三十三回忌や五十回忌からさらに延長する事も可能です。

永代供養は、契約した期間のみ個別供養が行われ、個別供養の期間が終了すると供養塔などの合葬墓に移されて合同の供養が行われます。

供養塔などの合葬墓は、見ず知らずの人の遺骨と一緒にされてしまうのが一般的であり、一回合奏してしまうと遺族が遺骨の引き取りを申し出ても見ず知らずの人の遺骨と混ざっているので遺骨の引き取りは不可能です。

関連記事

  1. 広島|墓じまいにかかる費用はどのくらい?相場をご紹介します

  2. 神奈川|墓じまいにかかる費用はどのくらい?相場をご紹介します

  3. 愛知|永代供養にかかる費用相場についてご紹介します

  4. 北海道|墓じまいにかかる費用はどのくらい?相場をご紹介します

  5. 大阪|墓じまいにかかる費用はどのくらい?相場をご紹介します

  6. 墓じまいって何?意味や内容について詳しく解説します