散骨の手続きは何がある?知っておきたい事前準備について紹介します

散骨をするにあたって必要な手続きに関しては、散骨する時期によって違いが出てきます。

なくなってすぐに散骨する場合には、住んでいる自治体の役所に火葬の許可書を出してもらいます。

火葬が終わると証明書に印鑑などを押してくれるため、それが埋葬許可書となり、それをもって散骨することができます。

また、すでに墓地に埋葬していたケースでは、お寺から「改装許可書」を求められることもあります。

これは、お寺側が遺骨の次の埋葬先について確認したいという思いがあるからです。

その場合には、散骨業者に相談して「受け入れ許可書」などを出してもらうようにします。

どのケースにおいても、手続きもなしに勝手に散骨することは許されないので注意しておきましょう。

関連記事

  1. 粉骨をするメリットとデメリットについて詳しく解説します

  2. 北海道|粉骨してくれる業者のおすすめTOP3をご紹介します

  3. どうしたらいい?分骨の手順について詳しく解説します

  4. 分骨はいつするの?タイミングや流れについて解説します

  5. ミニ骨壷への入れ方はどうしたらいい?やり方についてお伝えします

  6. 自動搬送型|納骨堂のタイプ別の費用相場についてご紹介します