仏壇型|納骨堂のタイプ別の費用相場についてご紹介します

仏壇型納骨堂とは、契約した家庭ごとに仏壇が用意されているタイプの納骨堂を指します。

霊廟と呼ばれることもあり、訪れたときに仏壇にお線香を立ててお参りすることが多いです。

上段が仏壇・下段が納骨スペースとなっており、お供え物や花を置くこともできます。

亡くなった人の遺影や思い出の品などを置いておくことができるため、それぞれの家族にぴったりな状況となっていくところもポイントです。

平均的な費用は50万円から100万円前後とされています。

仏壇のグレードにより多少異なり、中には150万円前後かかるところも少なからず存在しているのは事実です。

費用を支払うことで故人だけではなく、家族代々のお墓としても利用できるのがメリットといえます。

関連記事

  1. 粉骨ってどうしたらいいの?手順について詳しく紹介します

  2. 広島|粉骨してくれる業者のおすすめTOP3をご紹介します

  3. ミニ骨壷へ納骨する量はどのくらい?納める目安についてお伝えします

  4. 山林散骨|散骨の費用はどのくらい?方法別の相場をご紹介します

  5. 分骨するのに必要な手続きについて押さえておくべきポイントを紹介します

  6. 納骨堂へ納骨する際に必要な手続きと注意すべきポイントとは