お供え物を贈る際のマナーについて詳しくご紹介します

法要に参列するときに用意しておかなければならないのはお供え物ですが、何を持っていったらいいのかわからないとかマナーがわからないと言う方も多いのです。

そこで恥をかいたり相手方に失礼のないように、しっかりとマナーやルールをおさえてからお供え物を贈ることで失敗することがなくなります。

まずお供え物とは何かといいますと、様々な宗教儀礼において信仰対象に捧げる品物のことで大きく分けると遺族が毎日備えるものと、法事等の参列者が用意するもののことを言います。

遺族が故人や先祖に対してお供え物をするときは、線香や生花や蝋燭に水と仏飯をお供えするのが一般的ですが法要で参列者が贈るお供え物は、お菓子や果物が一般的です。

またお酒やお花など故人か好きだったものを用意しても問題ないのですが、お供え物の中身は個人の信仰をしていた宗教によっても違うので、そこは注意しないといけない点といえます。

それからお供え物のタブーは、故人が好きだったものをお供えするのは良いのですが肉や魚など殺生をイメージするもの
や五辛に相当するものはタブーなので避けるのが無難です。

関連記事

  1. 納骨堂のメリット・デメリットについて詳しくご紹介します

  2. 供養台の選び方について押さえておくべき3つのポイントをお伝えします

  3. お供え物は何を準備したらいい?品物の選び方について詳しくご紹介します

  4. 意外と知らない!お墓参りのマナーについて詳しく紹介します

  5. 意外と知らない!お線香を立てる意味について詳しく解説します

  6. 大切なペットが亡くなったときの供養方法について紹介します