納骨堂にはどんなタイプがあるの?種類についてご紹介します

高齢化社会は問題にもなっており、それが問題として定義されるのは、日本では少子化が進んでいるからです。

そして高齢化社会が進むというかたは、単に健康的に長生きすることが重要なだけではなく、人生の終わり方、通称「終活」も重要になってきます。

そのため今回は納骨堂についてご紹介しますので、終活についての知識を深めたい方はぜひ参考にされてみてください。

納骨堂のタイプには大きく分けて5種類あります。

自動搬送式タイプ、ロッカー式や仏壇タイプと並んで位牌式、墓石式がその5つのタイプです。

自動搬送式タイプやロッカー式は最近になって新しく見られるようになったもので、仏壇式や位牌式、そして墓石式はご存知な方も多いはずです。

関連記事

  1. お供え物を贈る際のマナーについて詳しくご紹介します

  2. 終活の準備で押さえておくべき3つのポイントをご紹介します

  3. いざという時困らない!仏具の置き方について詳しく紹介します

  4. 戒名の費用ってどのくらい?相場についてご紹介します

  5. 納骨堂のメリット・デメリットについて詳しくご紹介します

  6. お供え物は何を準備したらいい?品物の選び方について詳しくご紹介します