意外と知らない!納骨堂と永代供養墓の違いについて解説します

納骨堂と永代供養墓は比較されることが多いですが、その違いはどこにあるのか気になるものです。

納骨堂は遺骨を納めて管理をする施設を指す言葉で、一般的には骨壷を納めることができる屋内施設のことを言います。

お墓の一種と言い換えることもできますし、一般墓や樹木葬と並ぶものと考えれば理解しやすいでしょう。

一方、永代供養墓は名前の通り永代供養を目的としたお墓で、家族に代わって霊園に供養や管理を委託する管理方法と言えます。

納骨堂も管理を任せる形となりますが、永代供養墓は従来のお墓の延長線上にあるもので、最終的には合祀に至る点が共通します。

ただ納骨堂は合祀をしないところもあるので、合祀が基本となる永代供養墓とはその点が異なります。

関連記事

  1. 命日とは?過ごし方やお供え物について詳しく紹介します

  2. 法要と法事の違いとは?時期や種類について詳しく解説します

  3. 葬儀に参列できなかった!葬儀後の弔問の手順について詳しく解説します

  4. 供養台の選び方について押さえておくべき3つのポイントをお伝えします

  5. 命日の供養はどうしたらいい?方法について詳しく解説します

  6. 戒名の費用ってどのくらい?相場についてご紹介します