葬儀に参列できなかった!葬儀後の弔問の手順について詳しく解説します

仕事や家庭の事情などの都合で葬儀に参列できない場合もあるでしょう。

その場合には、後日弔問することになります。

弔問で訪れる前に、相手の都合のよい時間帯をあらかじめを聞いておくようにしてください。

お宅を訪問する際には、派手な服装は避けるのがマナーです。

ダークスーツなどの地味な服装で訪れた方がよいでしょう。

故人様を供養したいのであれば、果物やお菓子やお花なども持参しておきます。

弔問の手順が分らないという方もいるかもしれません。

最初にお悔やみの言葉を伝えておくのが一般的な手順となります。

次に、仏壇に手を合わせてお線香をあげます。

ご遺族の心情に配慮して、長居を避けるようにしましょう。

短時間で済ませるように心がけてみてください。

関連記事

  1. 意外と知らないことも!喪中期間と過ごし方について詳しく解説します

  2. エンディングノートのおすすめの書き方をご紹介します

  3. 意外と知らない!納骨堂と永代供養墓の違いについて解説します

  4. 法要と法事の違いとは?時期や種類について詳しく解説します

  5. 年忌法要はいつまでするの?必要な準備などを徹底解説します

  6. 今さら聞けない!喪中と忌中の違いについて詳しく解説します