何が違うの?手元供養と分骨の違いについて詳しく解説します

手元供養と分骨の意味の違いがわからなくて、困っている人もいるのではないでしょうか。

分骨とは、手元供養の種類の一つです。

手元供養には、分骨の他に全骨という方法もあります。

全骨の方法で手元供養をするためには、遺体が火葬された時に骨上げした遺骨を、全て保管しておくことが必要です。

全ての遺骨を自宅などで大切に保管することにより、全骨で手元供養ができます。

それに対して分骨による手元供養は、故人の遺骨の一部をお墓に納骨するところが、全骨による手元供養との大きな違いになっています。

骨上げされた遺骨が2つの場所に分かれて別々に保管されるために、分骨と言います。

手元供養をする場合におこなわれることが多いのは、分骨の方です。

関連記事

  1. 納骨堂へ納骨する際に必要な手続きと注意すべきポイントとは

  2. 散骨する際の注意すべき3つのポイントをご紹介します

  3. 粉骨をするメリットとデメリットについて詳しく解説します

  4. 愛知|粉骨してくれる業者のおすすめTOP3をご紹介します

  5. 自動搬送型|納骨堂のタイプ別の費用相場についてご紹介します

  6. 粉骨ってどうしたらいいの?手順について詳しく紹介します