位牌型|納骨堂のタイプ別の費用相場についてご紹介します

位牌型の納骨堂の場合、位牌を並べて墓参りに来た遺族は位牌を拝むことになります。

位牌と遺骨は別の場所に安置されており、合祀されていることも少なくありません。

ただし寺院により一緒にしているタイプもあります。

位牌の大きさは寺院によって定められていたり、個別にお参りするスペースがなかったりなどがポイントです。

平均的な費用は永代供養料と管理料込みで10万円から30万円と安価であるため、できる限り納骨堂の費用を節約したいと考えている人や、できる限り墓の管理で遺族に苦労をさせたくないと考えている人にお勧めされています。

遺骨がほかの人の遺骨と合祀されていることに違和感を覚えるタイプの場合には向いていないため、注意が必要です。

関連記事

  1. 自動搬送型|納骨堂のタイプ別の費用相場についてご紹介します

  2. 分骨はいつするの?タイミングや流れについて解説します

  3. どうしたらいい?分骨の手順について詳しく解説します

  4. 散骨の手続きは何がある?知っておきたい事前準備について紹介します

  5. 広島|粉骨してくれる業者のおすすめTOP3をご紹介します

  6. ミニ骨壷への入れ方はどうしたらいい?やり方についてお伝えします