納骨堂へ納骨する際に必要な手続きと注意すべきポイントとは

日本は超高齢化社会とも言われており、少子化が進むにつれて高齢化も大きな問題となってきています。

そのような中で、人生の終わり方、いわゆる終活に向き合うのも重要です。

その手続きの中の一つである、納骨堂に納骨する際に必要な手続きについてご紹介しますので、ぜひ今後の参考にされてみてください。

納骨堂に遺骨を納めるのは、お葬儀が終わってから落ち着いた時期に行うのが一般的です。

特に多いのが、四十九日や一周忌を迎える頃に手続きを行うご家庭が多いようですが、これも大きな決まりはありません。

そして四十九日におこわわれるのはもともとお墓のあるご家庭に多いようです。

一周忌での納骨は、新しくお墓を建てた方に多いとされています。

関連記事

  1. 粉骨ってどうしたらいいの?手順について詳しく紹介します

  2. 兵庫|粉骨してくれる業者のおすすめTOP3をご紹介します

  3. 粉骨をするメリットとデメリットについて詳しく解説します

  4. ロッカー型|納骨堂のタイプ別の費用相場についてご紹介します

  5. 神奈川|粉骨してくれる業者のおすすめTOP3をご紹介します

  6. 分骨はいつするの?タイミングや流れについて解説します