分骨するときに注意すべきポイントについて詳しく紹介します

複数の骨壺に遺骨を分けて供養することを分骨と言いますが、こちらも行うにあたっていくつかのマナーや注意点が存在します。

まず大前提としてお墓に納骨をするのであれば、分骨をする際には証明書が必要となります。

記入内容や手続き方法は管理者によっても異なりますが、基本的には故人の名前や死亡した年月日などを記入します。

また分骨用の骨壺も事前に用意しておく必要があるので、火葬場やネット通報などで購入しておきましょう。

実際に分骨をするにあたっての注意点ですが、順番の指定などは特にないのでどれから納めても問題ありません。

ただ一般的に東日本では足から遺骨をしていき、西日本では頭から遺骨を納めるのが通説と言われています。

関連記事

  1. ロッカー型|納骨堂のタイプ別の費用相場についてご紹介します

  2. 粉骨を業者に依頼する際に注意すべき3つのポイントについて紹介します

  3. 山林散骨|散骨の費用はどのくらい?方法別の相場をご紹介します

  4. ミニ骨壷へ納骨する量はどのくらい?納める目安についてお伝えします

  5. ミニ骨壷への入れ方はどうしたらいい?やり方についてお伝えします

  6. 海洋散骨|散骨の費用はどのくらい?方法別の相場をご紹介します