年忌法要はいつまでするの?必要な準備などを徹底解説します

年忌法要に関して「いつまで執り行えばよいのか?」と不安に感じる人もいるかもしれません。

一般的には「33回忌」で終わりにします。

理由としては、仏教の教えでは33回忌を過ぎれば故人は先祖の仲間入りをして、あの世で仏になるとされているからです。

しかし、各家庭の事情や住んでいる地域性、宗派によっては33回忌の前に年忌法要を終えることもあります。

その場合には、最後に盛大に「弔いあげ」を行います。

普段よりも念入りに供養して法要に区切りをつけることになるでしょう。

このように年忌法要に関しては、「いつまで」という明確な区切りはなく、残された家族がお世話になっているお寺と相談しながら、その選択をすることができるのが現状です。

関連記事

  1. お供え物は何を準備したらいい?品物の選び方について詳しくご紹介します

  2. 命日とは?過ごし方やお供え物について詳しく紹介します

  3. 命日の供養はどうしたらいい?方法について詳しく解説します

  4. 法要と法事の違いとは?時期や種類について詳しく解説します

  5. 意外と知らない!お墓参りのマナーについて詳しく紹介します

  6. 意外と知らない!納骨堂と永代供養墓の違いについて解説します