法要と法事の違いとは?時期や種類について詳しく解説します

法要と法事は同じ意味で使用されることが多い言葉です、ですが、実際にはこの2種類のものは別のものです。

法要は、亡くなった人のことを供養するために開催される宗教的な行事のことです。

法要でおこなわれるのは、お寺で僧侶に読経をしてもらうことです。

読経をすることにより、故人をしっかりと供養できます。

法要では焼香がおこなわれることも多く、亡くなった人のことを思いながら、参列者が焼香を順番におこないます。

その一方で法事は、法要と同じように故人を供養するための儀式です。

法要と違うことは、法要の後で開催される参列者との会食までが、法事に含まれていることです。

その他に法事は、仏教の形式で開催されるさまざまな儀式という意味で使われることもあります。

関連記事

  1. 命日の供養はどうしたらいい?方法について詳しく解説します

  2. 意外と知らないことも!喪中期間と過ごし方について詳しく解説します

  3. 骨壷のカビ対策!手元供養をするなら知っておくべき手入れ方法を紹介します

  4. 忘れがち!お線香の基本的なあげ方についてご紹介します

  5. 葬儀に参列できなかった!葬儀後の弔問の手順について詳しく解説します

  6. いざという時困らない!仏具の置き方について詳しく紹介します