命日とは?過ごし方やお供え物について詳しく紹介します

命日とは故人が亡くなった日を指すもので、同月同日を迎えた年数によって一周忌や三回忌や七回忌などの年忌法要を行います。

年忌法要の過ごし方は宗派により大きく変わり、お供え物を用意するのは多くの宗派で共通しています。

お供え物は日常的に消費しやすいものを選ぶのが良いと言われており、すぐに消費できないものを渡してしまうと、保存する場所が無くて困らせることになりかねません。

食品をお供え物に選ぶ時には故人の好みに合うものを用意して、常温保存がしやすいものを選ぶのが理想的です。

故人が生前に花を愛する人だった場合は、菊やリンドウやカーネーションなどの花がお供え物に適しています。

香りが強すぎる花は命日の供え物として不適切なので、香りを意識することも重要です。

関連記事

  1. お供え物は何を準備したらいい?品物の選び方について詳しくご紹介します

  2. ランクって何?戒名の基準について分かりやすく解説します

  3. 法要と法事の違いとは?時期や種類について詳しく解説します

  4. 供養台の選び方について押さえておくべき3つのポイントをお伝えします

  5. 忘れがち!お線香の基本的なあげ方についてご紹介します

  6. 命日の供養はどうしたらいい?方法について詳しく解説します