戒名の費用ってどのくらい?相場についてご紹介します

人が亡くなった時仏様のもとに行くとされていて、その時に生前使っていた俗名ではなく戒名が必要とされていて宗派によっては法名や法号とも言われています。

そしてお坊さんを呼ぶようなお葬式を上げるときには戒名をつけることが多くなっていて、戒名にはランクがあってそれぞれ意味が異なります。

信士は男性の戒名で信女は女性の戒名であり最も低いランクで、宗派によって違いますが費用の相場は100,000円から500,000円位です。

次に院信士や院信女は、元は天皇家などに使われていましたが後に社会的身分の高い人や特別な貢献をした人の戒名になっていて、宗派に費用は違いがあり700,000円から1,000,000円を超える額になります。

それから浄土真宗で使われている法名は、男性は釋で女性は釋尼でランクは低く一般的に使われていて費用は100,000円から300,000円が相場になってます。

関連記事

  1. 法要と法事の違いとは?時期や種類について詳しく解説します

  2. 意外と知らない!お線香を立てる意味について詳しく解説します

  3. 命日とは?過ごし方やお供え物について詳しく紹介します

  4. 戒名とは?構造や意味について分かりやすく解説します

  5. 終活の準備で押さえておくべき3つのポイントをご紹介します

  6. 意外と知らないことも!喪中期間と過ごし方について詳しく解説します