ミニ骨壷の選び方のポイントについて詳しく紹介します

亡くなった人の遺骨を手元に置いておくために利用するミニ骨壷は、部屋の中に置くことを考えてデザインを選びます。

故人のイメージや好みに合いそうなデザインを選ぶ場合もあれば、部屋のインテリアに合わせるのも選び方の一つです。

亡くなられた方の身体のサイズを意識することも重要で、流産などで0歳の赤ちゃんが亡くなってしまった際には、2寸や3寸などの小さいものを選びます。

ミニ骨壺は多彩なデザインの商品が販売されており、可愛さを重視したものを選ぶことも簡単です。

温かみがある見た目を選びたいのなら、木製のミニ骨壷が適しています。

密閉性の高さを重視したい時には金属製で、ネジ切加工が施されているものを購入するのも正しい選び方です。

関連記事

  1. 仏具の選び方について押さえておくべき3つのポイントを紹介します

  2. おしゃれで人気の高いミニ骨壷のメーカーTOP3をご紹介します

  3. 狭いスペースでも手元供養できる方法についてご紹介します

  4. ライフスタイルに合わせた供養台の置き方について詳しく紹介します

  5. 木製|ミニ骨壷の素材別のメリット・デメリットをご紹介します

  6. 仏具は何が必要?購入時に役立つチェックリストを大公開します