陶器製|ミニ骨壷の素材別のメリット・デメリットをご紹介します

ミニ骨壷は、仏壇に安置できるだけでなく、部屋の中に置いたり旅行先に持ち歩いたりと、手元供養で人気のあるタイプの骨壷です。

様々な素材のミニ骨壷が販売されており、陶器や金属、ガラスや木など色々なものがあります。

陶器製は骨壺として古くから用いられてきた素材のため、日本人に馴染み深く幅広い層で人気です。

表面は陶器特有の温かみがある上品なツヤが美しく、滑らかな手触りが特徴です。

伝統的なイメージがあるものの、近年では素材となる土の特徴を活かしたタイプや、釉薬で美しい柄が描かれたタイプなど、豊富なバリエーションが存在します。

ミニ骨壷の中では耐久性や重さなどは他の素材に劣る場合もあり、デザインや質感で選ぶ場合におすすめです。

関連記事

  1. 意外と知らない!手元供養の種類について詳しく紹介します

  2. ミニ骨壷を購入するにはどうしたらいい?方法についてご紹介します

  3. ライフスタイルに合わせた供養台の置き方について詳しく紹介します

  4. 仏具の選び方について押さえておくべき3つのポイントを紹介します

  5. 手元供養ってどんな供養?特徴について詳しく紹介します

  6. 遺骨なしでも手元供養はできる!その理由について詳しく解説します