狭いスペースでも手元供養できる方法についてご紹介します

手元供養が選ばれることも増えてきましたが、仏壇を置けるスペースがないという人もいるのではないでしょうか。

狭いスペースで手元供養をする方法としては、まずは粉骨をすることがあげられます。

遺骨をそのまま自宅に安置するとなると骨壺の大きさが気になるという人もいます。

粉骨にするとかなり遺骨の量も小さくなりますのでコンパクトな骨壺に収められるようになります。

最近はミニサイズでおしゃれなデザインのものも増えてきました。

それから、本格的な仏壇でなくても、ミニサイズの仏壇や祭壇を利用すれば狭いスペースでも無理なく安置できます。

それに、特別仏具を用意しなくてもフォトフレームや一輪挿しなどを利用して供養スペースを作ることも可能です。

このほかでは、遺骨を入れられるペンダントなどを活用することもおすすめです。

関連記事

  1. ミニ骨壷の選び方のポイントについて詳しく紹介します

  2. ライフスタイルに合わせた供養台の置き方について詳しく紹介します

  3. 金属製|ミニ骨壷の素材別のメリット・デメリットをご紹介します

  4. 遺骨なしでも手元供養はできる!その理由について詳しく解説します

  5. 手元供養はどうしたらいい?流れについて詳しくご紹介します

  6. 陶器製|ミニ骨壷の素材別のメリット・デメリットをご紹介します