遺骨なしでも手元供養はできる!その理由について詳しく解説します

手元で遺骨を管理し供養することを手元供養と呼びますが、遺骨なしでも先祖供養をすることはできます。

手元供養にははっきりとした定義や決まりはなく、それぞれが好きな形で供養することができます。

分骨などで手元に遺骨を置いて供養している人もいますが、遺骨なしでも故人への思いがあれば十分な供養はできるといえます。

自宅での供養というと、仏壇を用意することも多くなっていますが、大きな仏壇を置く場所がないという人もいます。

そのような場合は、コンパクトサイズのものを選ぶこともできますし。

最近はおしゃれなデザインのものも増えており、インテリアにも自然になじみます。

特に仏壇がなくても写真立やお花立てなどがあれば、十分供養のスペースを作ることができます。

関連記事

  1. 意外と知らない!手元供養の種類について詳しく紹介します

  2. 火を使わない手元供養って何?やり方についてご紹介します

  3. ライフスタイルに合わせた供養台の置き方について詳しく紹介します

  4. 木製|ミニ骨壷の素材別のメリット・デメリットをご紹介します

  5. ガラス製|ミニ骨壷の素材別のメリット・デメリットをご紹介します

  6. 手元供養をするメリットとデメリットについて詳しく紹介します