手元供養をするのにかかる費用は?相場についてご紹介します

一般的には亡くなった方は、お墓や納骨堂など遺骨を保管してある場所に出向いて手を合わせる方法が知られていますがお墓が遠方にあって行くのが難しかったり、新しくお墓を用意することができない方もいらっしゃいます。

そういった方に適した供養方法が手元供養と言って選択肢の1つとして知っておくこともよく費用を抑えたり遠方へ行かなくても供養ができたり、故人を身近に感じたりできると言うメリットがあります。

手元供養のやり方は、遺骨や遺灰の全部を自宅で保管する方法と墓地やお寺へ納骨した上で1部のみ自宅で保管する方法がありますがどちらを選ぶかは、それぞれの意識によります。

それから手元供養を行う場合は、遺骨を入れるのは骨壷かペンダント型のものかプレート型のものになりますが骨ツボは
数千円から数万円でペンダントなどのアクセサリーの相場は数千円から数十万円と幅があります。

そしてプレート型の手元供養は、手間がかかるのでおおむね十万円から三十万円が費用の相場となっています。

関連記事

  1. 手元供養の費用を抑える方法について3つのポイントをお伝えします

  2. おしゃれで人気の高いミニ骨壷のメーカーTOP3をご紹介します

  3. 手元供養ってどんな供養?特徴について詳しく紹介します

  4. ライフスタイルに合わせた供養台の置き方について詳しく紹介します

  5. 仏具はどう飾ったらいい?飾り方について詳しく紹介します

  6. 手元供養をするメリットとデメリットについて詳しく紹介します