手元供養はどうしたらいい?流れについて詳しくご紹介します

遺骨を手元に置いて供養する手元供養は、小さい骨壷に遺骨を入れて置いたり、アクセサリーに入れて身につけるといった方法があります。

手元供養は人によっては理解しにくかったり受け入れがたいことがあるので、少なくとも家族や身近な人に相談したり、納得してもらうことが基本です。

次に遺骨のどれくらいを手元供養にするか、どういった形で手元供養をするかを決める流れとなります。

現在は様々な手元供養アイテムがありますから、骨壷やアクセサリーに遺骨を入れる手元供養をするのであれば、こうしたアイテムを探す流れになるでしょう。

場合によっては遺骨の加工が必要になるので、加工してもらえる業者を探して依頼を行い、それから手元供養をすることになります。

関連記事

  1. ガラス製|ミニ骨壷の素材別のメリット・デメリットをご紹介します

  2. 手元供養の残った遺骨はどうしたらいい?適切な方法について紹介します

  3. 手元供養に位牌は必要?目的や意味について詳しく解説します

  4. ミニ骨壷にはどんな種類があるの?人気の高い素材TOP3を紹介します

  5. 木製|ミニ骨壷の素材別のメリット・デメリットをご紹介します

  6. 仏具の選び方について押さえておくべき3つのポイントを紹介します