手元供養の残った遺骨はどうしたらいい?適切な方法について紹介します

遺骨を自宅で保管したり加工して小さな骨壺に詰めたりアクセサリーなどにして、身に付けたりする手元供養を選択される方が増えてきております。

手元供養は1部の遺骨を加工しアイテムに変えたりしますが、残った遺骨をどうするのかどうすればいいのかわからない方も少なくないのです。

手元供養は遺骨を自宅で保管したり、遺骨をこのように加工したりアクセサリーなどのアイテムに変えたり小さな骨ツボに入れて持ち歩いたりする新しい供養のやり方です。

加工した遺骨を入れるアイテムとして、人形やガラス玉からフォトフレームなど様々な種類がありますが遺骨の全てが入るアイテムは少ないのです。

そこで手元供養するときは、残った遺骨をどのように服用するか知っておくことが大切な方法の1つとしてまず残った遺骨を海や山などに粉末にして散骨する方法です。

次に墓石の代わりに樹木の周りに埋葬する樹木葬があり、樹木葬ではほとんどの場合は永代供養となっていて遺族の負担を減らしてくれます。

それからお寺や霊園管理者に遺骨を永代にわたって供養管理してもらう永代供養は、遺族の方は負担を軽減し故人の供養も十分に行うことができる方法といえます。

関連記事

  1. 手元供養が叶う!ミニサイズの供養台について詳しくご紹介します

  2. 手元供養品が手作りできる!自分で作れるおすすめの3点をご紹介します

  3. 仏具の選び方について押さえておくべき3つのポイントを紹介します

  4. 木製|ミニ骨壷の素材別のメリット・デメリットをご紹介します

  5. 狭いスペースでも手元供養できる方法についてご紹介します

  6. ライフスタイルに合わせた供養台の置き方について詳しく紹介します