仏具はどう飾ったらいい?飾り方について詳しく紹介します

仏具の飾り方をきちんと理解しておくと、いつもきちんと正しい形で飾ることが出来ます。

たとえば、位牌は御本尊が隠れないようにしなければいけません。

なので、左右か一段低いところに安置しましょう。

さらにその下の段には中央部分に仏器膳を置き、仏飯器・茶湯器を置いてその左右に高月を配置します。

最下段には花立・香炉・火立・マッチ消・リンなどを配置するのが一般的だと言われています。

飾り方をしっかりと覚えておくことで、仏具を飾ることが出来るのでより良い環境になります。

お供えの位置や種類なども考えて、仏具と正しく飾っておくことが可能です。

仏具の飾り方を正しく覚えることで、仏様をしっかりと飾り整えることが出来ます。

関連記事

  1. 意外と知らない!手元供養の種類について詳しく紹介します

  2. 仏具は何が必要?購入時に役立つチェックリストを大公開します

  3. ミニ骨壷にはどんな種類があるの?人気の高い素材TOP3を紹介します

  4. 手元供養はどうしたらいい?流れについて詳しくご紹介します

  5. 手元供養品が手作りできる!自分で作れるおすすめの3点をご紹介します

  6. おしゃれで人気の高いミニ骨壷のメーカーTOP3をご紹介します