仏壇の準備はいつから始めたらいい?タイミングについて解説します

仏壇の準備は、本人が生前に用意しておくなど特殊な例を除き、基本的には亡くなった方の四十九日の法要までに用意しておくことが基本です。

四十九日法要まで日本位牌を用意して、法要後お墓への納骨を済ませて墓参りをする流れになっています。

今まで用意していない場合には新たに購入することが重要となるため、自分の家や故人の宗派に合ったものを購入することが重要です。

すでに用意されている場合は仏壇を引っ越しするなどの手続きの必要性も確認しておき、四十九日法要までに備えておくことになります。

あまりにも早すぎる準備は縁起が悪いといった意見もありますので、気になる方は四十九日までに購入して自宅に設置しておけばいいと理解しておくことでスケジュール調整が楽です。

関連記事

  1. おしゃれで人気の高いミニ骨壷のメーカーTOP3をご紹介します

  2. 火を使わない手元供養って何?やり方についてご紹介します

  3. 手元供養をするのにかかる費用は?相場についてご紹介します

  4. ミニ骨壷を購入するにはどうしたらいい?方法についてご紹介します

  5. 手元供養にはどのくらいの費用がかかる?相場をご紹介します

  6. 手元供養の残った遺骨はどうしたらいい?適切な方法について紹介します