大切なペットが亡くなったときの供養方法について紹介します

ペットが亡くなってしまった場合は、お別れをしたり安らかに眠ってもらう為に、供養をしなければいけないです。

供養方法には自宅に遺骨を置く手元供養を始めとして、自宅などの敷地内にお墓を作る方法、火葬後にペット霊園に合祀する方法などがあります。

ペット霊園は他にも納骨堂に保管してもらう方法と、お墓を建てて納骨する方法が選べます。

ペットは人間と違って敷地内であればお墓を作ることができるので、ペット霊園に預けるのに抵抗感があったり費用が気になる場合は、庭で供養するのが良いと思われます。

大切なのは何よりも気持ちですから、ペットが身近に感じられる敷地内でも、ペット霊園でも供養をすることは可能です。

ただ、ペット霊園に預けるとなるとペットが寂しがるので、定期的に足を運んで手を合わせることが大切です。

関連記事

  1. いざという時困らない!仏具の置き方について詳しく紹介します

  2. 命日の供養はどうしたらいい?方法について詳しく解説します

  3. 葬儀に参列できなかった!葬儀後の弔問の手順について詳しく解説します

  4. 命日とは?過ごし方やお供え物について詳しく紹介します

  5. 意外と知らないことも!喪中期間と過ごし方について詳しく解説します

  6. 今さら聞けない!喪中と忌中の違いについて詳しく解説します