今さら聞けない!喪中と忌中の違いについて詳しく解説します

喪中と忌中の違いは、亡くなった方の喪に服す機関であることに変わりはありませんが、できることが多少異なります。

忌中とは仏教の場合亡くなった人の四十九日法要前の期間で、四十九日法要が明けてから喪中に代わるものです。

神道では五十日祭までが忌中の期間となります。

喪中は忌中の期間を含む1年間を指す言葉です。

忌中・喪中それぞれ控えたほうがいいことがあるため、違いを理解しておくことでスケジュールを立てるときの参考となります。

忌中の間は神社へのお参りは禁止で、結婚式の出席も不可能です。

新年のお祝いも避けてください。

忌中は故人の穢れが身近な人にある期間とされていることから、神聖な場である神社へのお参りはNGとなります。

喪中の期間は結婚式や新年のお祝いをできるだけ避けるのが定番です。

ただし結婚式はできる範囲で構わず、どうしても出なければならないときは出席してもOKといわれています。

関連記事

  1. 戒名の費用ってどのくらい?相場についてご紹介します

  2. 意外と知らないことも!喪中期間と過ごし方について詳しく解説します

  3. 納骨堂のメリット・デメリットについて詳しくご紹介します

  4. 法要と法事の違いとは?時期や種類について詳しく解説します

  5. エンディングノートのおすすめの書き方をご紹介します

  6. 意外と知らない!お線香を立てる意味について詳しく解説します