ミニ骨壷への入れ方はどうしたらいい?やり方についてお伝えします

遺骨はお墓や納骨堂におさめるのが一般的ですが、ミニ骨壷に入れて手元供養をしたいと考える人も増えています。

ミニ骨壷への入れ方についても知っておきたいところです。

まず、ミニ骨壷に入れるには分骨をする必要があります。

火葬場で分骨するのであれば、葬儀社にそのことを伝えておきましょう。

火葬場の窓口では分骨証明書も発行してくれますので、必要な枚数を揃えます。

火葬場では遺族や担当者の手でそれぞれの骨壷に遺骨を納めていきます。

火葬場で分骨したお骨を持ち帰って、ゆっくりとミニ骨壷に入れたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

入れ方としては、ミニ骨壷では納骨袋が用意されているものもあります。

その場合は、直接骨壷に遺骨を入れるのではなく、納骨袋に入れてから、骨壷に入れます。

遺骨はもろく崩れやすくなっていますので、丁寧に扱いましょう。

お骨の移動にはスプーンや箸なども役立ちます。

関連記事

  1. 長野|粉骨してくれる業者のおすすめTOP3をご紹介します

  2. どうしたらいい?分骨の手順について詳しく解説します

  3. 京都|粉骨してくれる業者のおすすめTOP3をご紹介します

  4. 兵庫|粉骨してくれる業者のおすすめTOP3をご紹介します

  5. 粉骨ってどうしたらいいの?手順について詳しく紹介します

  6. 山林散骨|散骨の費用はどのくらい?方法別の相場をご紹介します