散骨する際の注意すべき3つのポイントをご紹介します

お墓や供養に対する考え方は時代とともに変化し、最近では立派なお墓を持つことを望まない人も増えてきています。

供養にも様々な形がありますが、海や山への散骨を希望する人も多いといわれています。

自然に還ることができますし、お墓を持たないので遺族もお墓の管理の手間がなくなるなど様々なメリットがあります。

散骨をする場合も、注意点があるので理解しておきたいところです。

まず、遺骨はそのまま海や山に散骨することはできません。

パウダー状に粉骨する必要があります。

自分でもできないことはありませんが、精神的な負担も考えると専門業者に依頼したほうが良いといえます。

それから、海への散骨は、海水浴場や漁場ではできないというルールを設けている自治体もありますので、よく確認しておきましょう。

山林の場合もほぼ所有者がいますので、所有者の許可を取る必要があります。

散骨について快く思わない親族もいますので、理解を得ておくことも大切です。

関連記事

  1. 分骨するときに注意すべきポイントについて詳しく紹介します

  2. 愛知|粉骨してくれる業者のおすすめTOP3をご紹介します

  3. 分骨はいつするの?タイミングや流れについて解説します

  4. 位牌型|納骨堂のタイプ別の費用相場についてご紹介します

  5. 京都|粉骨してくれる業者のおすすめTOP3をご紹介します

  6. 粉骨を業者に依頼する際に注意すべき3つのポイントについて紹介します