自分で粉骨できるの?行う際の手順について詳しく紹介します

遺体を火葬するためには行政の許可が必要になりますが、粉骨をするために特別な許可は必要ではありません。

遺骨を持っている人ならば自分で自由に粉骨することができます。

粉骨を自分でするために必要となるものは、遺骨を粉状にするために必要となる乳鉢です。

乳棒を用意しておく必要もあります。

粉にする前にしなければいけないことは、遺骨を十分に乾燥させた状態にすることです。

乾燥が十分でないと、きれいに粉状にすることができなくなります。

遺骨を紙の上などに置いて数日間そのままにしておけば、自然に乾かすことができます。

乾燥を早めたい場合には乾燥材を使うことも可能です。

乾燥させた遺骨を乳鉢に入れて乳棒で擦り潰せば、粉骨ができます。

関連記事

  1. 愛知|粉骨してくれる業者のおすすめTOP3をご紹介します

  2. 分骨するときに注意すべきポイントについて詳しく紹介します

  3. 自動搬送型|納骨堂のタイプ別の費用相場についてご紹介します

  4. ミニ骨壷へ納骨する量はどのくらい?納める目安についてお伝えします

  5. 分骨するのに必要な手続きについて押さえておくべきポイントを紹介します

  6. 北海道|粉骨してくれる業者のおすすめTOP3をご紹介します