自分でできる!遺骨ペンダントの入れ方について詳しく紹介します

遺骨ペンダントとは大切な人の遺骨を入れて持ち歩くことができるペンダントのことです。

入れ方も簡単で、自分でも入れることができます。

遺骨ペンダントのサイズや入れ方にもよりますが、本骨壺から比較的小さな遺骨を選ぶといいです。

もしも、大きいものしかない場合は紙やハンカチなどで包み入るサイズに砕きましょう。

遺骨は手で少しおさえるだけで砕けるくらいの固さなのですぐ砕けます。

入るサイズになったらペンダントを固定して、ピンセットなどを使用し中に入れます。

入れたあと少し軽く揺らして奥の方まで入れて、また追加と少しずつ入れるようにします。

蓋部分のねじ山に遺骨が絡んでしまい正しく締められなくなりますので、入れすぎに注意して適量を守ってください。

関連記事

  1. 金属アレルギーでも安心できる遺骨ペンダントの素材をご紹介します

  2. ゴールド|遺骨ペンダントの素材別メリット・デメリットを紹介します

  3. ステンレス|遺骨ペンダントの素材別メリット・デメリットを紹介します

  4. 遺骨アクセサリーに男性用はあるの?男性に人気のアクセサリーTOP3

  5. プラチナ|遺骨ペンダントの素材別メリット・デメリットを紹介します

  6. シルバー|遺骨ペンダントの素材別メリット・デメリットを紹介します