永代供養のメリット・デメリットについて詳しく解説します

寺院や霊園にお墓の管理を任せる永代供養を選択することを考えている方は、永代供養のメリット・デメリットを十分によく理解したうえで検討することがおすすめです。

メリット・デメリットのうち、まずは永代供養を選択するメリットからお話をします。

お墓は寺院や霊園が管理をしてくれるため、子どもや孫へ自分が亡くなった後の墓の管理の負担を負わせることがありません。

そのため身寄りがなく今後自分が亡くなった後墓をどうしたらいいのかという悩みも解消することが可能です。

また、墓石や土地を探す手間やその費用が掛からないというのもメリットの一つです。

次に、永代供養を選択するデメリットについてですが、永代供養の中でも種類があり、合祀を選択した場合、骨壺から骨を出して他の骨と一緒に埋葬されてしまいます。

ですから、後になって遺骨を取り出したいと希望してもそれが叶わないため、十分に理解したうえで永代供養を選ぶ必要があります。

合祀の場合は区画が決まっていることがほとんどなので、自分の希望する場所に納骨することはできません。

関連記事

  1. 京都|永代供養にかかる費用相場についてご紹介します

  2. 大阪|墓じまいにかかる費用はどのくらい?相場をご紹介します

  3. 神奈川|墓じまいにかかる費用はどのくらい?相場をご紹介します

  4. 大阪|永代供養にかかる費用相場についてご紹介します

  5. 愛知|墓じまいにかかる費用はどのくらい?相場をご紹介します

  6. 兵庫|永代供養にかかる費用相場についてご紹介します