iOS14のWidget機能を活用しよう in iPhone

NotionAdvent Calendar
Tomu Obata
📅2020/12/14

Notion Advent Calendar 14日目の記事になります。

はじめに

本記事では、iOS14のWidget機能について書いていきます

iOS14で進化したWidget機能とは

Widgetには天気予報や直近のスケジュール、ニュースなど簡単な情報が表示できます。

iOS13以前は、ホーム画面の最も左のページのみWidgetの表示が行える仕様でした。

iOS14では、ついにホーム画面にWidgetを表示することができるようになり、ホーム画面のカスタマイズ性・利便性が向上しました!

An image from Notion
Apple公式サイトより

Widgetの基本的な使い方は以下のドキュメントが参考になります🍎

NotionでのWidget活用について

NotionのWidgetを使用することの1番のメリットは、目的のページをホーム画面からワンタップで起動出来ることです。

インタラクティブに起動する点もユーザー体験が良いなって感じています。

現在は、3種類のWidgetに対応しています。

  1. お気に入りとしてピン留めしているページ(FAVORITES
  2. 最近アクセスしたページ(Recent pages
  3. 指定した特定の1ページ

また、FAVORITESRecent pagesのWidgetは2パターンのサイズに対応しています。

Widgetをホーム画面に追加後、長押しすることでワークスペースやページなどを設定することが出来ます。

以下は、「3. 指定した特定の1ページ」に表示するページを設定している様子です。

ホーム画面に追加後の様子
ホーム画面に追加後の様子
長押し時の様子
長押し時の様子

「ウィジェットを編集」をタップします。

「ウィジェットを編集」をタップ時の様子
「ウィジェットを編集」をタップ時の様子

Widgetとして設定したいWorkspacePageを選択します。

指定したページがWidgetとして表示されている様子
指定したページがWidgetとして表示されている様子

このように簡単にセットアップ出来るので、ぜひお気軽にお試しください!

さいごに

個人的にはiOS14の目玉機能といっても過言ではないWidgetに、Notionがすぐに対応したことは嬉しかったです😄

普段よく起動するアプリほどWidget活用の恩恵が大きいですね👍

15日目の記事は「Notionのページ内埋め込みに適したコンテンツ紹介①WeatherWidget」になります。

Notionのページ内埋め込みに適したコンテンツ紹介①WeatherWidget
Notion Advent Calendar Notion Advent Calendar 15日目の記事になります。Apption・レスポンシブお天気Widgetの紹介をしています。 12日目の「 Notionのページ内埋め込み徹底解説! 」ではスラッシュコマンドからページ内埋め込み出来るコンテンツをメインにご紹介しました。 今回は、Notionのページ内埋め込みに適したコンテンツについて書いていきます📝 Apption はNotion埋め込みに適したコンテンツを一覧で見ることがサービスになります。 様々なコンテンツを一覧で見ることが出来るので非常に便利です! ジャンル検索も可能👌 まずは、WeatherWidgetというページ内に綺麗にお天気情報を埋め込むことが出来るサービスを紹介します。 Notionに埋め込む際に必要な手順についてご紹介していきます。 以下 にアクセスし表示したい内容を設定した後、「GET CODE」をClickしHTMLコードを取得します。 WeatherWidget の特徴: テーマなどカスタマイズ可能な内容が多い点が嬉しいです😄 Settingが終了した後は、「GET Code」をClickしHTMLコードを取得します。 以下サイトにアクセスし、手順1で取得したHTML Codeをペースト後、 Generate URL ボタンをClickします。 以下のスラッシュコマンドを使い Embed link に生成したURLを入力します。 一例として、 https://apption.co/embeds/phu293 を埋め込んだ場合は以下のように表示されます。 今回は、Notionのページ内埋め込みに適したコンテンツ紹介 その1ということでWeatherWidgetを取り上げてご紹介しました🌤️ 16日目の記事は「 Notionのページ内埋め込みに適したコンテンツ紹介その②Comments for Notion, Link Copy 」になります。

SHARE

スポンサーリンク