より綺麗に書くための一工夫

NotionAdvent Calendar
Tomu Obata
📅2020/12/2

Notion Advent Calendar 2日目の記事になります。

はじめに

本記事では、より綺麗に書くための一工夫について書いていきます。

綺麗なページを作れると何より書くモチベーションも上がりますよね🔺

汎用性の高い内容を3点ピックアップしてご紹介していきます。

より綺麗に書くために

その1. 目次をつけよう

Table of Contents を使うことで各ページに対応した目次をつけることが出来ます。

呼び出しのショートカット:

目次をつけている様子

豆知識:

その2. 見出しに背景色をつけよう

Notionでは文字に色をつけることが出来ます。

見出しは本文テキストとサイズが異なるだけなので、一見境目が分かりづらいです。

本節では、区切りをより分かりやすくするために背景色をつける方法をご紹介します。

呼び出しのショートカット:

見出しに背景色をつけている様子

ブロック単位で背景色がつくため視認性が高まります。

豆知識:

その3. 要点はブロックで囲もう

要点事項は、Callout形式のブロックで囲むことで目立たせることが出来ます。

呼び出しのショートカット:

Callout形式のブロックを呼び出している様子

豆知識:

ブロックの絵文字をクリックすることで絵文字を変更することが出来ますが、本文で絵文字を入力する際には以下のやり方が便利です

:文字列 で絵文字を入力している様子
絵文字ピッカーを使っている様子

使い分けとしては、入力したい絵文字が決まっている際は:文字列:、良い感じの絵文字を探して入力したい時は絵文字ピッカーを呼び出すという感じがオススメです。

さいごに

今回は便利な機能を3点ピックアップしてご紹介させていただきました。

Notionはスラッシュコマンド(/)からあらゆる機能を呼び出すことが出来ます。

多くの操作をキーボード上で完結させられるため嬉しいです😊

3日目の記事は「データベース機能を使う時はInlineでページを作成しよう」になります。

データベース機能を使う時はInlineでページを作成しよう
Notion Advent Calendar Notion Advent Calendar 3日目の記事になります。 本記事では、Notionのデータベース機能の概要とInlineでページを作成するべき理由について書いていきます。 データベース機能の概要に関しては、以下の記事を見ていただけると分かりやすいと思います👍 データベースの要素は全て、ページで構成される 現在のページにデータベースを組み込むInlineと、新しくデータベースのみのページを作成するFull pageが指定できる 以下より、データベースはInlineでページを作成していくべき理由について書いていきます。 以下の理由から、基本的にはFull pageではなくInlineでページを作成するべきだと考えています Inline を拡大すればFull pageを同様の振る舞いが可能 比較のため、Full pageで作成した様子も載せておきます 📑 Inline にすることで埋め込み元のカスタマイズ性が担保出来る 具体的には、Inline要素の前後にCalloutブロックを入れ情報を付与したり、Inlineとして埋め込んだページに別のInlineを埋め込み並べたりできるためInlineの方がカスタマイズ性が高いと感じています。 今回は、データベースをInlineで作成するべき理由についてご紹介させていただきました。 各データベース機能の運用に関しては、また別の機会に書いていきたいと思います! 4日目の記事は「 Full page で作成したデータベースを Inline にする方法について」になります。

SHARE

スポンサーリンク