VOYAGE GROUPさんのインターン「Treasure」に参加してきたお話【講義パート2】

インターン振り返り
Tomu Obata
📅2019/9/5

Treasureという3週間で、講義+チーム開発を行うインターンに参加してきた時の振り返りになります!本記事では講義パートのフロントエンドについて書いています📝

講義パート

2日目 8/13(火)

フロントの講義 その1

インターネット技術の時代の流れについての紹介後に

について比較しながら学んでいきました。

3日目 8/14(水)

フロントの講義 その2

クロージャとクラス

Promise

fetch(function(res) {
  return res.json();
}).catch(function(error) {
  display(error);
});

よりも

function parseJson(res) {
  return res.json();
}
fetch.then(parseJson).catch(display);

の方が短く記述できる。

また、axiosというライブラリの方がエラーハンドリングや処理の記述が容易に行えたりするので便利だったりします。しかし、fetchは外部リソースを読み込む必要がない・対応しているブラウザがaxiosより多いといったメリットもあるので、どの技術を使用して実装するのかお互いの側面を理解した上で選定していきたいですね。

フレームワークの選定

Parcel

React/Vue

2つの種類のComponent

などの内容を学んだ後に、Reactで先日のGoの講義で作ったAPIを使って機能追加していきました。

ラストの講義パートは次へ!

SHARE

スポンサーリンク