VOYAGE GROUPさんのインターン「Treasure」に参加してきたお話【講義パート1】

インターン振り返り
Tomu Obata
📅2019/9/5

Treasureという3週間で、講義+チーム開発を行うインターンに参加してきた時の振り返りになります!本記事では前半に行われた講義について書いています📝

もの創り実践プログラム「Treasure」とは

一言でいうと3週間で、講義+チーム開発を行うインターンになります。

それでは、どんなことを考えて過ごしていたのか、どのように変わっていったのかなどを書いていこうと思います。かなりボリューミーな内容になっているので、興味をもってくださった部分から気軽に見てくれると幸いです笑

参加した理由

実際に利用するユーザー視点を常に持ちながら、本当に価値のあるサービスとは何なのか共に議論し考え抜き、一緒にチーム開発を行うことで技術力・思考力をより高めていきたいと思い、参加しました。

日程スケジュール

となっていて、Treasureが始まるまでの間に事前課題がありました。

事前課題

それぞれの課題に対して丁寧なレビューをしてもらえたので、インターン当日までにリファクタリングして理解を深めていきました。

前半戦の講義内容

それでは、まず前半戦の講義について書いていきます。

1日目 8/12(月)

午前中ではみんなと顔合わせを行い、これから始まる3週間がより楽しみになりました!そして、好きなエディタなどは、各々こだわりがあって改めて面白いなって思いました。

Goの講義 その1

午後からは、ペアプロ形式でGoの学習を進めていきました。内容としては、Goでcurlコマンドを実装したり小さなコマンドラインアプリケーションを作ったりしました。

自分だけでなくペアの方も読みやすいコードを心がけることが生産性を高めていくために重要なことだと再認識しました。そして、実装で詰まってしまった時ほどしっかりエラー文を読むことが何より大事だなって痛感、、

ドキュメントを読めばあまり悩まず実装できることが多かったので、コードジャンプなど便利な機能はしっかり使っていき、仕様を理解してコードを書いていきたいです。

振り返り

2日目 8/13(火)

Goの講義 その2

2日目は、Goで書かれたベースアプリにAPIを追加していきました。

実装の流れの例

といった手順でAPI実装を進めていきました。

途中でCTO 小賀さんのLTがありました

内容をまとめると

これからTreasureでコンフォートゾーンの外側で挑戦し続けていけるように意識していこうと思いました!🔥

続きの講義パートはその2へ!

SHARE

スポンサーリンク