PDFプレビューの注意点について

NotionAdvent Calendar
Tomu Obata
📅2020/12/13

Notion Advent Calendar 13日目の記事になります。

はじめに

本記事では、PDFプレビューの注意点について書いていきます📝

PDFプレビューの注意点について⚠️

ページ内埋め込みでPDFを表示すると、Notionが対応していないフォントは以下のように正常に表示されません。

Keynoteで作成したPDFデータ
Keynoteで作成したPDFデータ
Keynoteで作成したPDFデータをページ内埋め込みした時の様子
Keynoteで作成したPDFデータをページ内埋め込みした時の様子
ℹ️
プレビューが正しく出来ないというだけで、元のデータは正常にアップロードされています。

PDFのページ内埋め込みを行う際は、スラッシュコマンドを使うとスムーズです。

スラッシュコマンドでPDF埋め込みを選択している様子
スラッシュコマンドでPDF埋め込みを選択している様子

それでは、スタイルが崩れていないPDFの元データを閲覧するための方法を2つご紹介していきます。

方法1:Original Viewで見る

ページ内埋め込みされたPDFをフォーカスし、OriginalをClickします。

すると、Original Viewが表示されている画面に遷移します。

ページ内埋め込みされたPDFにフォーカスしている様子
ページ内埋め込みされたPDFにフォーカスしている様子

補足ですがOriginal Viewは https://s3.us-west-2.amazonaws.com/ で始まるリンクとなっており、約1日ほどはリンクが有効です。

約1日経ってから同様のリンクに再度アクセスすると以下のように表示されます。

This XML file does not appear to have any style information associated with it. The document tree is shown below.

<Code>AccessDenied</Code>
<Message>Request has expired</Message>
🔒
このリンクは誰でもPDFにアクセス出来てしまうというセキュリティ的な観点より、決してリンクを共有するなどの利用をオススメしている訳ではありません。 ページに含まれるPDFファイルを共有したい場合、ページ共有がベターな選択肢だと思います。

方法2:ファイルをダウンロードして手元で閲覧

ページ内埋め込みされたPDFをフォーカスし、3点リーダーをClickします。

ページ内埋め込みされたPDFにフォーカスしている様子
ページ内埋め込みされたPDFにフォーカスしている様子

DownloadをClickし、ファイルがダウンロードされたら手元で閲覧します。

Download
Download

ちなみに、View originalをClickすると、方法1と同じようにOriginal Viewの画面へ遷移します。

View original
View original

以上2点ご紹介させていただきました。

基本的にはダウンロード不要の方法1が良いと感じています。

また、ドラッグ&ドロップでPDFファイルを添付するとダウンロードリンクとなってページに挿入されます。

プレビューは不要だがダウンロード可能な形で置いておきたい場合などは、ドラッグ&ドロップが有効です。

PDFファイルをドラッグ&ドロップした際に挿入されるリンクの様子
PDFファイルをドラッグ&ドロップした際に挿入されるリンクの様子

【余談】ページごとにフォントを変更することも可能

Notionでは、以下3つのフォントに対応しています。

フォント変更は、ヘッダーの3点リーダーから行うことができます。

フォント変更
フォント変更

さいごに

今回はPDFプレビューの注意点についてご紹介させていただきました。

14日目の記事は「iOS14のWidget機能を活用しよう in iPhone」になります。

SHARE

スポンサーリンク