直近で開いていたページを行き来したいは、Recent pageが便利!

NotionAdvent Calendar
Tomu Obata
📅2020/12/11

Notion Advent Calendar 11日目の記事になります。

はじめに

本記事では、直近で開いていたページを楽に行き来したい時の方法について書いていきます📝

直近で開いていたページを楽に行き来したい時は

検索画面にあるRecent pageを使うことで、楽に行き来することが出来ます。

PCの場合:

PCでRecent pageを使っている様子

スマホの場合:

スマホのフッター
スマホのフッター
Recent pageを使って直近で開いていたページに遷移している様子

前の画面に戻る時は

PCデスクトップ版アプリの場合:

ちなみに次の画面に進むときは、

スマホの場合:

画面の左端からスワイプすることで戻ることが出来ます。

ページ内リンクなどで遷移した時によく使ったりします。

ブラウザなどと同じですね ♻️

さいごに

特にスマホでは複数ウィンドウを同時に開くことが出来ないためRecent pageはとても便利です👍

12日目の記事は「Notionのページ内埋め込み徹底解説!」になります。

Notionのページ内埋め込み徹底解説!
Notion Advent Calendar Notion Advent Calendar 12日目の記事になります。Notionのページ内埋め込みは非常に便利なのでぜひご覧ください!👀 本記事では、ページ内埋め込みすると便利なものについて書いていきます📝 Notionでは以下のような様々な形式のページ内埋め込みに対応しています。 スラッシュコマンドからサポートされている埋め込みコンテンツを確認することも出来ます。 次に Typeform が便利のためピックアップしてご紹介します。 Typeform は質問フォームを簡単に作成・共有できるツールです。 Notionのページに埋め込むことで、Notion上で回答を完結させることができ、ページ遷移が不要になるので非常に相性が良いと感じています。 ちなみに Typeform はSlackアプリもあります。 URLをペーストすると、以下3つを選択するホップアップが表示されます。 まずは、それぞれの違いについてご説明していきます。 本Advent CalendarsのURL( https://adventar.org/calendars/6140 )を例にあげます。 まとめると、このような使い分けになります。 URLのみ表示したい場合は、Dismiss サイト名・サブタイトル・OGP画像・URLを表示したい場合は、Create bookmark Notion上でコンテンツを埋め込んで利用したい場合は、Create embed 先ほどご紹介した Create embed を使うことで、Notionのページ上に様々な拡張が行えます。 くじ引き お天気確認 埋め込み用URLの取得などは以下の記事が大変参考になります。 今回は、Notionのページ内埋め込み機能についてご紹介してきました。 NotionのWeb bookmark機能は、とてもコンパクトかつサイトの主情報がまとまって表示されるので大変気に入ってます 🔖 13日目の記事は「」になります。

SHARE

スポンサーリンク