🗒️ Full page で作成したデータベースをInlineにする方法について

NotionAdvent Calendar
Tomu Obata
📅2020/12/4

Notion Advent Calendar 4日目の記事になります。EvernoteからNotionに移行した理由についても書いてあります📝

はじめに

本記事では、Full page で作成したデータベースをInlineにする方法について書いていきます。

🗒️ Full page で作成したデータベースをInlineにする方法について

手順

1:Inlineにしたい箇所で新規ページ作成

新規ページ作成の様子
新規ページ作成の様子

今回は、「Inlineにしたい箇所で作成されたページ」というページタイトルで作成しました。

新規ページ作成後の様子
新規ページ作成後の様子

2:InlineにしたいFull pageをMove toで、1で作った新規ページへ移動

上記画像の「Full pageで作成されたTable」というページをInlineにしたいため、手順2では Inline化したい箇所に移動させます。

マウス操作・ショートカットどちらでも可能です🙆‍♂️

マウス操作の場合:

まず、ページにフォーカスした際に表示される6点リーダーをClickします。

ページにフォーカスしている様子
ページにフォーカスしている様子

次にMove toを選択します。

6点リーダーClick後の様子
6点リーダーClick後の様子

移動先のページタイトルを入力し、選ぶことで移動出来ます。以下では、手順1で作成した「Inlineにしたい箇所で作成されたページ」を選択しています。

移動先のページタイトル入力後の様子
移動先のページタイトル入力後の様子

ショートカットの場合:

まず、ページを選択します

ページを選択している様子
ページを選択している様子

⌘(command) + shift + p の後、移動先を選択。マウス操作の時と同じ表示です。

移動先のページタイトル入力後の様子
移動先のページタイトル入力後の様子

3: 手順1で作った新規ページに移動します

移動していることが確認出来ればオッケーです👌

手順1で作成したページに移動後の様子
手順1で作成したページに移動後の様子

4:6点リーダーClick後、メニューからTurn into inlineを押す

Inlineへ変換したいページにフォーカスしている様子
Inlineへ変換したいページにフォーカスしている様子
6点リーダーClick後の様子
6点リーダーClick後の様子
Inlineに変換されたことを確認している様子
Inlineに変換されたことを確認している様子

上の手順により、データベースのPropertyを全て引き継いだままInline形式に変換することが出来ます。

EvernoteからデータをNotionにImportした時などは、Full pageでデータベースが作成されているため、Inlineへ変換する際に本記事をご参考にしていただけると幸いです😄

【余談】EvernoteからNotionに移行した理由

僕がEvernoteからNotionに移行したのは2020年の1月ごろなのですが、それまでは2年間ほどEvernoteを使っていました。

当時は以下の部分が気になりながらもEvernoteを使っていた感じです。

※ 2020年初期のことなので参考までに🙏

もちろん、良い部分も多くありました。

そんな時、移行が楽に出来るということを知り、「物は試しだ、使ってみよう」という感じでNotionを使い始めました。(移行といってもNotion側でEvernoteのデータをImportするだけなのでEvernoteのデータはそのままです)

Notionを使い始めていく中で、

📎
ノート一覧画面で、本文の内容・本文に含まれている画像が表示されるので探しているノートにアクセスしやすい

というEvernoteの良さは、Notionの運用を工夫することで十分カバー可能だと思うようになりました。

Evernoteはノートの一元管理が優れているのに対し、Notionはツリー構造での運用が行いやすいという特性があります。

適切な粒度でページを分けることで、フィルターを掛けた検索時の恩恵が大きくなります。

Notionの全検索は遅いということはあまり感じていませんが、検索対象が多いと目的のページに辿り着くまで大変のため、ページ構成がEvernoteを使っていた時と比べて重要になるということです。

それから段々Notionの魅力にハマり、Evernoteから完全移行し今に至るという感じです😃

さいごに

今回は、Full pageのデータベースをInlineにする手順, EvernoteからNotionに移行した時のことを書きました。

ご参考になりましたら嬉しいです 😊

5日目の記事は「ブロックを横並びに配置する方法について」になります。

ブロックを横並びに配置する方法について
Notion Advent Calendar Notion Advent Calendar 5日目の記事になります。Inlineデータベースを横並びにする方法についても書いています。 本記事では、ブロックを横並びに配置する方法について書いていきます📝 以下のような見出し1, 2とそれ対応する要素を横並びに配置する手順についてご紹介していきます。 上記の手順で横並びにすることが出来ます👌 Notion Advent Calendar 3日目 の記事でも少し触れたのですが、Inlineデータベースは横並びにしたり、前後に情報を付与出来る点がFull pageと比較した際に優れています。 この節では、Inlineデータベースを横並びにする2パターンの方法についてご紹介していきます。 横並びは、 BASIC BLOCKS のみ設定することが出来る仕様となっています。 そのため、以下のようなInlineデータベースを横並びにするのは以下どちらかの手順を踏む必要があります。 先ほどの手順で BASIC BLOCKS を横並びにします。 この方法は、Inlineデータベースを BASIC BLOCKS であるページに変換後、横並びにする流れになります。 変換したページを選択し、横並びにします 手順1でページに変換しているため、Inline表示に戻す必要があります。 Turn into inline でInline表示に変換し、横並び完了です✨ 上記の手順でInlineデータベースを横並びにすることが出来ます。 2つの使い分けとしては、Inlineデータベースに見出しなどをつけて区切りたい場合は1つ目の方法、Inlineデータベースのみを区切りたい場合は2つ目の方法を利用する感じです。 今回は、横並びのやり方についてご紹介しました。 6日目の記事は「」になります。

SHARE

スポンサーリンク